MENU

広島県仮性包茎手術ランキング

仮性包茎手術は勃起障害を防ぐ

仮性包茎手術というのは、様々な目的で行われます。その一つの目的として、勃起障害を防ぐというものがあります。勃起障害というと性行為の際にベニスが十分に勃起しないために性行為に支障が出ることを言います。仮性包茎を治療せずそのままの状態で経過していると、将来的に勃起障害を起こすことがあるのです。それは仮性包茎では亀頭部がいつも皮をかぶっていて、ペニスへの刺激を十分に受けることができず、敏感に反応できなくなるから。つまり性感が低下するということにつながるからなのです。これはカップルにとっても夫婦にとっても大きな問題になることです。そこで仮性包茎手術を受けると、これまで皮をかぶっていた部分を露出させるような手術を受けるので、性行為の際にはペニスが敏感に反応することが出来るようになります。仮性包茎にもいろいろなタイプがあり、自分で皮をむいて勃起時には亀頭部を露出させることができる人もいます。その際は、あまり痛みを感じることなく性行為を行うことができますし、ペニスの刺激も十分に感じられるでしょう。しかし重度の仮性包茎の場合は、亀頭部が完全に露出しないこともあり、無理やり露出させると痛みがでることもあるのです。そうなると気持ちいいどころか痛みの方が強くなってしまい、性行為に対する恐怖心すら出てくるのです。そのような状態を改善策として、仮性包茎手術があるのです。仮性包茎手術にもいろいろな種類があり、包茎の程度によってどんな仮性包茎手術をするのか異なります。そのため迷った場合は、広島県にもあるクリニックの無料カウンセリングを受けて相談してみることがおすすめです。